50万円借りるなら

すぐ50万借りる  >>深夜・土日・祭日・雨の日もWEBで申し込める♪便利なWEB完結増えてます!

今すぐ50万借りれる

今すぐに50万円借りる方法

今日50万円が必要になった場合に、すぐ現金を引き出すには、 事前にキャッシング機能が付いているカードローンに申込んでおくと、 イザ!今すぐにお金が必要になった時に、お近くのATMなどでお金を引き出すことが可能です。 けれど、なかなかそんな準備はできませんよね・・・。
事前に申込んでいないけれど、今すぐに50万円借りたい!と思った時にどうすればよいのか、分からない方も多いかと思います。 そんな時に重要になるのが、融資スピードです。

カードローンお申込みの流れ

お金を借りる前に

お金の借りすぎに注意しましょう

  • 契約内容を理解できましたか?無理なく確実な返済が可能ですか?
  • 不安がある場合は1人で悩まずに早めに身近な人や、国民生活センター、クレジットカウンセリング協会等に相談しましょう。

銀行と消費者金融の比較

銀行/消費者金融 審査速度 金利の高さ 審査厳しさ 総量規制
▼ 銀 行
【 低金利 重視 】
★★★☆☆
( 普 通 )
★☆☆☆☆
( 低 め )
★★★★☆
( 厳しめ )
対象外
( 年収の3分の1以上OK )
▼ 消費者金融
【 スピード 重視 】
★★★★★
( 早 め )
★★★★☆
( 高 め )
★★☆☆☆
( 柔軟性あり )
対 象
( 原則年収の3分の1まで )

 ※こちらは業界全体のタイプ別一覧です。会社によって詳細が異なりますので、ご利用の際には個別にご確認下さい

銀行カードローンと消費者金融の違い

業  者 融資スピード 金  利 特  徴
低金利 ★★★☆☆ ★★★★★

銀行のカードローンは、低金利で消費者金融と比べて審査に時間がかかるのが特徴です。

>> 50万円借りたい【低金利ランキング】

キャッシング即日 ★★★★★ ★★★★☆

消費者金融のカードローンは、少し金利が高めで融資までスピーディーなのが特徴です。

>> 50万円借りたい【融資スピードランキング】

お金を借りれる業者はそれぞれ特徴があります。ご自身に合った業者からキャッシングしましょう!




50万円必要になったら【豆知識】

50万円必要になったら


今すぐに50万円借りる時には、即日融資を受けられるキャッシング業者が有利ですが、それはどういった業者になるでしょうか。
お金を借りることができる業者はたくさんありますが、今日中に50万円借りたい時、今すぐに五十万円が必要な時には、対応が確実で融資スピードが早い業者でお金を借りたいものです。 ここでは、即日融資に強いキャッシング業者をご紹介します。

50万円を即日融資で借りる

今すぐお金を借りる」となると、ほぼイコールで思い浮かぶのが消費者金融でお金を借りる方法です。

特に、時間的にせっぱつまっているときなどは少しでも早くお金を借りたいので、大手消費者金融からお金を借りると、 対応時間に不安がなく安心してお金を借りることができるのではないでしょうか。
では、大手消費者金融でお金を借りる際のメリットとデメリットをみていきましょう。

消費者金融から50万円借りるメリット

・ほかのキャッシング業者よりも審査が甘く、お金を借りやすい
・審査に時間がかからないこともあり、即日融資を受けることができる
・基本的に無担保および無保証でお金を借りることができる

消費者金融から50万円借りるデメリット

・ほかのキャッシング業者と比べると金利が高い

50万円を低金利で借りる

「低金利でお金を借りる」となると、ほぼイコールで思い浮かぶのが大手銀行でお金を借りる方法です。
特に、借入金額が多くなってきたり、借入期間が長くなってくると、少しの金利の差が返済の際には負担となってしまうため、注意が必要です。
では、大手銀行でお金を借りる際のメリットとデメリットをみていきましょう。

銀行カードローンで五十万円借りるメリット

・ほかのキャッシング業者よりも、低金利でお金を借りることができる
・銀行ならではの豊富な資金力から、高額融資を受けることができる
・《総量規制》が適用されないため、収入を超えた融資を受けることができる

銀行カードローンで50万借りるデメリット

・ほかのキャッシング業者よりも、審査が厳しい
・ほかのキャッシング業者よりも、お金を借りるまでに少し時間がかかる

借入金額が50万円以下で『収入証明書』の提出が不要!?

キャッシングをする際に面倒なのが、書類の提出。
運転免許証や健康保険証、パスポートなど、身分証明書として提出する書類は、普段から身近にあるものなので“わざわざ用意する”といった感覚もなく良いのですが、
借入金額が50万円を超える場合には、別途、源泉徴収票や確定申告書、給与明細書(直近2ヶ月+1年分の賞与明細書)などの『収入証明書』の提出が必要となってしまう場合が多いのです。

『収入証明書』の提出は、借入金額が五十万円を超える場合…との条件がついているので、「ただでさえ時間がないのに、余計な種類を準備している時間はないよ!」という際には、 借入金額をあえて49万円などにおさえてみるのも、即日融資を受けるための一手かもしれません。

>> 今すぐに50万円借りる【融資スピードランキング】
>> 今すぐに50万円借りる【低金利ランキング】