新生銀行カードローン レイクから今すぐに50万円借りたい方へ

新生銀行カードローン レイク

実質年率 4.5%〜18.0% 限度額 500
万円
保証人 不要 口座開設 不要

お申込み・ご契約方法

パソコン、携帯電話、スマートフォンによるWeb契約申込み

※ インターネットでは24時間365日申込みを受付しています。


お電話による契約申し込み

自動契約機による契約申し込み

郵送による契約申込み


50万円借入可能!会社一覧

休日 詳細情報 金利 融資限度額 融資速度
プロミス 4.5% 〜 17.8% 500
万円
★★★★★
アコム 3.0% 〜 18.0% 800
万円
★★★★☆
東証一部上場のアイフル 4.5% 〜 18.0% 500
万円
★★★☆☆
新生銀行カードローン レイク 4.5% 〜 18.0% 1〜500
万円
★★★★☆
× イオン銀行 3.8% 〜 13.8% 10万円〜800万円
(10万円単位)
★★☆☆☆


すぐ借りるQ&A

サラリーマンでも確定申告書の提出が必要な場合があります
会社勤めしていると給与所得者は、給与から何らかの項目の控除が発生しています。 一番有名なのが、所得税です。 なじみやすいことばで言うと、源泉徴収税のことです。 給与明細書には駆除される項目がいくつかあり、大きいくくりとして法定控除の税金と社会保険料があります。 税金の内訳としては、先ほど紹介した源泉所得税である所得税と住民税です。 社会保険料の内訳としては、介護保険料、健康保険料そして厚生年金保険料です。 通常、会社員は会社で年末調整をその年の最終月で行うことで、その年に納めるべき正確な所得税が把握されます。 それにより所得税の清算が行われ、多く採り過ぎていた人には所得税の還付が行われ、逆に不足していた人には追加徴収が行われます。 しかし会社員には、年末調整だけでは上手くいかない場合があり、結果として居住地を管轄する税務署に確定申告書の提出を行い所得税の清算を行わなければいけないケースがあります。 有名なものとして、医療費控除があります。 これは一年間の同一世帯で発生する医療費が10万円を超えた場合に、こえた部分に対して所得税が本人宛に還付されます。 またこれ以外では、高齢者雇用している場合に、年金受給者は給与をもらいながら年金も受給しているため正確な所得税を求めるためには確定申告書の提出が求められます。 こういった場合には、確定申告をすることで多く払い過ぎた税金を還付してもらうことができます。 最近ではふるさと納税の場合も確定申告書を提出することで、所得税と住民税の清算がされ結果として還付されます。 本来は確定申告が原則ですが、便宜上、会社員には特例的に年末調整が認められているだけです。 このことは意外と知らない人が多いのが現実です。