ブラックリストとは

ブラックリストの意味とその後の環境を考える

大きな買い物をした時、クレジットカードを使うことが多いと考えられます。
そのクレジットカードが利用拒否された時、その理由として「ブラックリストに載っている」という事があります。
このように、クレジットカードが使えなくなるというのは、一体どのような事を表しているのでしょうか。
この「ブラック」と言う言葉は、金融用語では存在しません。
使用できないカードを使うことや、利用者が延滞などを行いカードを使うことが出来なくなった時に、ブラックリストに掲載されてしまいます。
クレジットカードで買い物をしてローンを組んだ場合や、カードローン専用のカードでお金を借りた場合などは、顧客情報として信用情報機関に登録されることになります。
普通に返済していれば全く問題はないのですが、ある時から一定期間、返済が止まってしまったとか、返済がなされず破産に到ってしまったなど、事故や延滞を起したと言う情報が記録されることになります。
この時の情報のことを、ブラックリストと呼んでいるのです。
このようなことになってしまった場合、ローンを組むことが出来なくなります。
住宅ローン、カーローンなど多くのローンがありますが、信用が無くなってしまったため、これらを利用することはできません。
ですが一定期間を過ぎると、また復活することが出来るようになっています。
その一定期間と言うものは短いもので5年、長いものでは7年から10年と言われていますので、ローンなどで事故を起すことは極力注意すべきことです。

関連ページ

50万円借りたい時のカードローンとは
50万円借りたい時のカードローンとは
オリックスの店舗・ATMの案内
オリックスの店舗・ATMの案内
日歩とは
日歩とは