未成年が50万借りる方法とは

金融機関で未成年がお金を借りるにはどうすればいい?

未成年がお金を借りるには、親に相談して借りるのが確実な方法です。 友人との貸し借りはトラブルが起こりやすいため、避けたほうがいいでしょう。 金融機関のカードローンを利用する手もありますが、20歳以上・学生OKといった商品が多いので、現実的に借りるのは難しいかもしれません。
大学生は借りることができますが、19歳では不可となりますので、本格的に融資を利用できるのは20歳からとなります。 成人になる前にアルバイト収入を得ている場合は、借りられそうに思えるでしょうが、やはり未成年ということで融資不可となってしまいます。
成人になるまで待ってから融資を申し込むというのが無難な方法でしょう。 20歳になって、すぐにお金を借りるには、信用がないと心配する方もいるでしょうが、これについてはあまり問題ではありません。
誰しも初めてローンを利用するときは、他社から借り入れたことなどないのです。 金融機関は初めてローンを利用する人を優遇してくれる傾向があります。 最初に契約したローンというのは、人はなかなか解約しないからです。
2社目以降のローンになると、不要になったとき解約対象となりやすいのです。 みなさん、2社目、3社目のローンは解約しても、1社目は残しておく傾向があるのです。 そのため、これを知っている金融機関は、初めてローンを利用する方に対して積極的になれるのです。
なお、学生ローンの場合、未成年でも借りられる商品がわずかにありますが、親の保証が必須となるのが普通です。

関連ページ

車のローンを借りる前に
車のローンを借りる前に