優遇金利とは

優遇金利でお得に住宅ローンを利用しよう

住宅ローンをお得に利用するなら、優遇金利の対象となる商品がいいです。 銀行といっても、運営規模・資産状況などにより、提示できる金利は異なってくるものです。
住宅ローンは2,000万円といった高額融資が基本となりますから、1%の金利はとてつもなく大きなものです。 たった1%の金利差により、月の支払額には1万円以上の差が生じることもあるのです。
借入額が大きくなるほど、この差は顕著になりますので、高額融資を受けられる方ほど低金利のローンにこだわりたいものです。 銀行側が提示できるギリギリの金利は、1.5%だと言われています。
これを下回ってしまうと、あまり利益を得られない状態になりますので、低金利と言われる銀行でも1.5%〜2.0%くらいに設定していることが多いです。 本来は、銀行側も高金利を設定したいのですが、金利競争が激しい現在では金利を高くすると借り手がつきません。
インターネットが普及し、カンタンに金利比較が行える時代ですので、0.1%でも金利が低いほうが有利なのです。 優遇金利とは、いわゆる金利引き下げのキャンペーンのことで、1%といった大幅金利引き下げを実施している銀行もあります。
住宅ローンの金利1%というのは、小口ローンの18%以上に匹敵するくらい大きなものです。 優遇金利を利用する際のポイントは、金利だけでなく、適用期間もチェックしたいものです。 あまりにも低金利を設定している場合は、適用期間は短くなると考えていいでしょう。

関連ページ

任意整理とは
任意整理についての情報を公開しています。
保険料控除とは
保険料控除についての情報を公開しています。
無利息期間とは
無利息期間についての情報を公開しています。
消費者金融とは
消費者金融についての情報を公開しています。
弁護士会の法律相談センターとは
日本弁護士連合会の「弁護士会の法律相談センター」へ借金問題を相談しよう!弁護士会の法律相談センターについての情報を公開しています。