借入限度額・利用限度額とは

借入限度額や利用限度額の範囲内で自由に借りられる

カードローンやキャッシングを借りる際には、今、これだけのお金を借りたいと一括で借りる金額を申し込むのではなく、将来にわたって利用できる借入限度額や利用限度額が定められます。
この限度額は自分で希望はできますが、最終的には貸金業者や金融機関などの申し込み先の審査によって判断されます。
希望の借入限度額が通ることもあれば、希望額より少なくなることもあるかもしれません。
たとえば、利用限度額が30万円と定められたとしましょう。
この際に、まとまったお金が必要で30万円を一気に、ローンカードを使って引き出したとします。
その場合、毎月の返済により元本が返済されるまでは、一切借り入れができなくなります。
翌月の返済で仮に1万円分の元本とその利息が返済されれば、再び借りることができるようになりますが、その金額は1万円に限られます。
一方、30万円の利用限度額をお持ちの方が、1万円だけ引き出した場合にはまだ29万円が残っています。
何度でも少しずつ借りることができ、30万円に達するまで借り入れが可能です。
もっとも、その間には毎月の返済日もやってくるので、借りられる利用可能額は常に変動するのが一般的です。
多くの業者ではインターネットのマイページなどで、現在の利用可能額が確認できます。
また、ATMの借入画面や返済の明細書などにも表示されるでしょう。
借入限度額が設定される貸付では、借入の自由度は高いものの、返済してもすぐに借り入れを重ねられるため、計画的な資金計画をしなければなりません。

関連ページ

ネットキャッシングとは
ネットキャッシングについての情報を公開しています。
システム金融とは
システム金融についての情報を公開しています。
ネットバンキングとは
ネットバンキングについての情報を公開しています。